前へ
次へ

水没時はIphone修理可能かを検証

電気を使う製品では水は厳禁とされています。まず電気製品に水が浸かることでショートしてしまうことがあります。通電をしていないときは問題ありませんが、完全に乾かさない状態で電流を流せばショートします。それ以降使えなくなる場合があります。使用中は通電しているのが一般的なので使用中に機械の中に水が入ればショートしてしまいます。使えなくなることを意味します。防水などをしていれば水が入るのを防げる場合があります。水没した時にはIphone修理が可能かどうかをまず調べてもらいましょう。この機械は機種によっては一定の防水機能がついています。しかし完全に水没をした、どれくらい水没をしているかによって異なります。すぐに取り出せば問題ないこともありますし、1時間位そのままになっていたとなるとかなり水が入っていることがあります。Iphone修理を行ってくれる業者がそのあたりは対応してくれるので心配せずに任せましょう。修理してもらえることもあります。

Page Top